使い方のことなど説明することがたくさんあるので 
つねに「お客様感覚」を忘れないようにすることが大切です
『スーサイド・スクワッド』(16)やリュック・ベッソン監督作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(17)など
チャールズ&キースはいわゆる“憧れブランド”ではなく